カードローンの金利比較はとても大切なポイント

標準

避けられないポイントになるのが、カードローンの金利比較です。一見どれも同じように見えてしまうのがカードローンですが、貸金業者によってまったく異なる金利を提供しており、特に初めての利用であればなかなか見えこないポイントになります。利用者の負担を強いる部分になることから、慎重にカードローンの金利比較をして申し込みをしましょう。

金利比較をする際、カードローンというよりも貸金業者で見極めるとわかりやすいです。消費者金融は高く、銀行カードローンは低いことが多くなります。ここで抑えてほしいのですが、すべての銀行カードローンが消費者金融より金利が低いわけではありません。基本消費者金融は金利が高く、銀行は低くなることが多いですが、それでも同等の金利を提供している銀行もありますので注意してください。

もうひとつ金利比較として抑えてほしいポイントがあります。それは借りる金額によって金利が変わる点です。18%と高い金利を提供する消費者金融であっても100万円を超える融資を受けると、金利が低くなってきます。銀行も同じですので、借りたい金額の金利比較も忘れないようにしましょう。おまとめローン審査を受ける金額によって金利が変わる点は、特に見落としがちです。